シンプルな生活を考える

最近「シンプルに生きたい」ということをずっと考えていて、最近といってもここ2、3年くらい考えてる。 生活実践レベルでは、物を減らすとか服を制服化するとか、いわゆるミニマリスト的な潮流を受けて、複雑性を縮減するライフハック的なものを色々考えて…

左手のコードの押さえ方が少し分かってきた

コードを押さえる時はキー音を一番低音にせず、できるだけ1オクターブ内におさめると響きがそれっぽくなるって何かに書いてあった。 左手のコードと右手のアドリブを同時に弾いたのは初めてだったけど、手元はそれっぽくて音はともかく画はよかった。 Fをキ…

12キーでマイナーブルーススケールがそれとなく弾けるようになってきた

メジャースケール、マイナースケール、マイナーブルーススケールをC,Db,D...Bb,B,Bb...Db,Cという感じに弾くのを日課にしたら、指と耳が音階の位置感を覚えてきてる感覚がある。 最初は理屈で鍵盤の位置を覚えていきながら、音階の響きを体得していき、その…

お決まりのフレーズをつくるとちょっと曲っぽくなる

アドリブの練習をしていると、一瞬「これはいい」というフレーズが出てきたりするので、それをお決まりのフレーズにして、いわゆる「キメ」としてリピートしてみた。 なんかどこかで聞いたことあるようなないような、、笑 でも、今回やってみてわかったのは…

ドラムのリズムを変えると雰囲気がだいぶ変わる

ipadのgarage bandで遊んでたら、ドラムが打ち込みじゃなくて本物が叩いてるっぽい音源が見つかったので、それを使ってアドリブの練習をしてみた。 Fmペンタスケールの練習はいつもこんな感じでキーボードの上から下まで行ったり来たりして、指の神経をがし…

オクターブの移動をたくさん練習したら手についてきた感はある

フレーズ感みたいなのが全く育たないのは、良い曲をたくさん聞いてないからなんだろうなぁ。 リズム感はどうやって身につけたらよいのか、、 あいみょん - 愛を伝えたいだとか 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】 素晴らしい、、

左手のコードの押さえ方がよく分からない

メジャースケールとマイナースケールが割とスムーズに弾けるようになってきた。 マイナーペンタトニックスケールを練習して、アドリブの練習にとりかかる。 www.youtube.com 左手のコードの押さえ方は、ベースがルート音を弾いてくれると仮定して、3rdや7th,…

アドリブの練習は割と楽しい

鍵盤の練習日記になってきた、、 メジャースケールとマイナスケールをルート音を変えながら弾く練習を続ける。 感覚的には、それぞれのルート音に対する音階の鍵盤の位置を覚えるというより、音階そのものが身体的に獲得できているような感じ。 マイナスケー…

アドリブできたら楽しそう

MIDI用のキーボードを買ってから毎日鍵盤触って遊ぶようになった。 hontakku.hatenablog.jp 12このルート音からメジャースケールがおぼろげに弾けるようになった。 マイナースケールはかなりたどたどしく、黒鍵から始まるとまだまだ滑らかには弾けない。 …

曲つくれるようになったら楽しそう

中田ヤスタカみたいな曲をつくりたい… Liar Game by 中田ヤスタカ ということで、まずは形から、、、 KORG ワイヤレス接続対応MIDIキーボード microKEY2-37AIR マイクロキー2 エアー 37鍵モデル 出版社/メーカー: KORG 発売日: 2016/01/30 メディア: エレク…

本の感想

自分もコンビニ人間になりたい。 勉強の頑張り方 3月読む なんか文学とか美術とか音楽とか、そこらへんの教養が全然ないなーと思って、色々勉強したい欲があったりなかったりする 自分もコンビニ人間になりたい。 コンビニ人間 作者: 村田沙耶香 出版社/メー…

読書いろいろ

仮想通貨面白い 生きやすさとは何か 慎重に集中力と向き合う 2月読む 仮想通貨面白い ブロックチェーン革命 分散自律型社会の出現 作者: 野口悠紀雄 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2017/01/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) …

読書リスト

去年から日経新聞、newspicksなどを読み漁るようになって、改めて本も読んでいかないとなーと思うようになった。 気になる本は記事にまとめて、読んだら面白かったとこや考えたことを記事を更新する形で進めていこうかなぁと思う。 イメージ的には「読みます…

2017年印象的だった記事まとめ

今年から日経新聞(電子版)やNewspicksを購読し始めたりして、記事をよく読むようになったので、印象的だった記事のまとめもしておきたい。

2017年面白かった本

2017年もそろそろ終わるので、今年面白かった本をまとめておこうと思う。

記事いろいろ

大学、教育系の記事が中心。

記事まとめ

専攻選べる教育課程必要 高大接続に欠ける視点:日本経済新聞 https://t.co/R89DxcfbUB— Tさん (@hontakku) 2017年9月25日 学生の基本的関心は現在の学問領域上にはなく、それらの複合型であることが多い。 だから、専攻を「変えられる」のではなく「選べる…

大学関連

最近、師弟と学びのあり方がとても気になっている…

大学あれこれ

面白い本を2冊見つけた週。

大学いろいろ

週1くらいのペースで記事はまとめていきたいなーと思う

ベトナム手記⑤

最終日、ハノイ国家大学へ行く

ベトナム手記④

4日目、ベトナムの景勝地、ハロン湾に行く

ベトナム手記③

3日目、タクシー乗って遠出できるようになった

ベトナム手記②

2日目、少し外に出る

ベトナム手記①

ベトナムに行ってるので、色々メモを残す

大学あれこれ

今月は割とちゃんと新聞を読めていたと思う 本はあまり読めてないなー 色々気になったものをまとめておく

読書メモ

月刊事業構想 (2016年11月号『大学スポーツの潜在力』) 作者: 事業構想大学院大学出版部 出版社/メーカー: 株式会社日本ビジネス出版 発売日: 2016/10/01 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 日本版NCAAに求められるのは4つ 顧客価値の向上:する人…

2016年 面白かった本

大学時代の研究室の先輩が読書メモとして、こういうのをまとめていて、とても良いなぁと思ったので、自分もまとめてみることにした。

アイデアはひらめかない

以前本屋で見つけられなかった「発想の技術 -アイデアを生むにはルールがあるー」を川崎のあおい書店で見つけて、読み終えた。 発想の技術 アイデアを生むにはルールがある作者: 樋口景一出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2013/03/07メディア: 単行本…

将棋のなかの創造力

羽生善治さんの「決断力」を読んだ。 決断力 (角川oneテーマ21)作者: 羽生善治出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2005/07メディア: 新書購入: 44人 クリック: 297回この商品を含むブログ (565件) を見る 実は所属しているゼミの必読文献リストにもあがってい…