アドリブできたら楽しそう

MIDI用のキーボードを買ってから毎日鍵盤触って遊ぶようになった。

hontakku.hatenablog.jp

 

12このルート音からメジャースケールがおぼろげに弾けるようになった。

 

マイナースケールはかなりたどたどしく、黒鍵から始まるとまだまだ滑らかには弾けない。

メジャースケールは右手で引くと、ちょうど4thで親指に戻るため、そこで半音移動になるという覚え方をすれば、あとは7thとルート音の間で半音移動するだけなので、割と覚えやすい。

変な音階で覚えていないか、ここでいちいちチェックする。

music-school.mjapa.jp

 

マイナースケールは、こういう覚え方ができず、苦戦していたんだけど、ルート音と3th、4thと6thがそれぞれ必ずマイナーのコードになる、ということに気づいた。

マイナーコードを弾くときはルート音から3音ずつ区切ると、それぞれルート音、4thの音から始まるマイナーコードの構成音になり、残りは全音で上がっていくので覚えやすい。

あとは体感的に、ずっと弾いてるとメジャーコードの動きを指が覚えて、黒鍵スタートでも何となく指が勝手に動いてくれる感があるから、そのうち指が勝手に動き出すみたいな感じになるかもしれない。

 

マイナースケールの次に、ペンタトニックスケールという5音で構成されるスケールを練習。

メジャーとマイナーがあって、マイナーのペンタトニックスケールはジャズのアドリブでよく使われるらしい。

www.jazzpianodays.com

 

とりあえずFマイナーペンタトニックスケールを覚えて、コードと決められたメロディを弾いて、あとは適当に5音の組み合わせで弾いてみる。

 

お、なんかそれっぽい感じが、、

改めてやってみると、なんかリズムをとるのがめちゃ難しい、、

この打ち込みのドラムは完全にフリーハンドで打ち込んでるけど、ピアノのもたつき感というか、絶妙なグルーブ感のなさが露呈している。

 

なんかブルーススケールみたいなのもあって、これはペンタトニックスケールに1音加わるだけで、若干おしゃれになるぽいから、これもそのうち練習したい。