読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイデアはひらめかない

以前本屋で見つけられなかった「発想の技術 -アイデアを生むにはルールがあるー」を川崎のあおい書店で見つけて、読み終えた。

 

発想の技術 アイデアを生むにはルールがある

発想の技術 アイデアを生むにはルールがある

 

電通でプランニングの仕事をしている人の発想術。

”術”というとマニュアルやハウツーをイメージしてしまいやすいが、内容はあまり体系だってなくて、発想している時のジグザグ感、行き当たりばったり感みたいなものがすごく表れている。

 

「ステップ」という言葉を使いましたが、いわゆるフローチャートのようにこれに沿えばなんとかなる、というものでもありません。むしろその真逆です。何かに沿えばなんとかなる、という表層に陥りがちな考え方ではなく、思考をいかに深めていくか、広げていくかというためのものだと捉えていただいたほうがいいと思います。(p35) 

 

冒頭では、キラキラワードとなっている”アイデア”を次のように定義している。

 

「問題を解決し、継続的に世の中を動かすための動力」。(p11)

 

この時点で、簡単に”アイデアをひらめいた”とは言えなくなってしまう。

「アイデアを出すのが得意です」と面接でアピールする学生について。

 

(彼らの)アイデアの具体例は、そのほとんどがなにも解決しない、効力ももたない、ただ自分をよく(あるいは「それっぽく」)見せたいがためのものにすぎないという状況です。(p16)

 

人が能動的になにかに参加するというのは、ものすごいことなのです。表面的な投げかけ、表層的な問題解決では、とてもではないですが、そんなことは起こらない。多くの人を動かすにはそれだけの力学を生む必要があり、そのためには、大きな価値の設定、大きな気持ちの設計が必要となります。(p19) 

 

ここまで読むと、アイデアは”ひらめく”ものではなく”丹念につくり込む”ものであると言い換えることもできる。

ひらめくのはあくまで「(既に吟味された)問題に対する解決策」を考えている時だけで、「そもそも問題は何で、それを生じさせている原因は何か」という段階から”アイデアの深さ”が決まってくると筆者は述べている。

 

アイデアの「もと」はどこにあるかというと、実は課題そのものに潜んでいます。より正確に言うと、課題を生じさせている「原因」に隠れているのです。ですから、当たり前ですが、「原因」をどう捉えるかによって解決のためのアイデアは変化します。(p50) 

 

”アイデア”という聞こえの良さや言葉としての利便性を厳しく定義し直し、その魅力の表層が見えているに過ぎないとばっさり切り倒している。

一方で、しっかり問題を深掘りし、地に足着いた解決策を考えることができたとき、自分はその最大の応援者であり、またそのアイデアを過大評価すべきだと筆者は述べている。

 

応援者は、常に対象を過大評価すべきです。

(中略)

最初から客観的な視点で冷静に、というよりむしろ冷めた目線で見てしまう。情熱をもって全力でよさを見出していくというプロセスを踏まない。(p105)

 

これはアイデアに限らない話だと感じた。

つまり、何かにコミットする際は、どこか意識的に盲信状態をつくりだすことが大事だという普遍的なメッセージなのではないかと思う。

内部批判や自己批判を否定するわけではないけれど、すごく勉強している人に限って「あれも違う、これも違う」と言って何かを成し遂げた気になることが多い。

 

”知りすぎて踏み出せないだけなのでは”という理性を働かせることで、意識的に”考えない”状態をつくり、今まで見えてこなかった対象の魅力を探っていく。

ある程度キャリアを積んできた人が、これを意識的にできるかどうかが、何か大きな分かれ道の1つになる気がする。

 

最後は、人の行動を誘発させるような言葉をつくるポイントについて。

 

僕は「できるだけ形容詞に頼らない」ということを意識しています。形容詞は言葉の守備範囲が広すぎて、どうしてもぼんやりとしたものとなってしまいます。対象を結局「どういうものにするのか」、ということを伝えるという意味では、「選び抜かれた端的な名詞や行動が明確な動詞で勝負するしかない」ということです。(p180)

 

 

 この著書は全体的に端的で分かりやすい言葉と、そのイメージを喚起させてくれるユニークなイラストで構成されていて、パターンのイラストを考えるうえで非常に参考になりそうだと思った。

研究会の文献リストにもあがっている「表現の技術 -グッとくる映像にはルールがある」も、同じ電通の方の著書で、様々な創作に応用できる言葉や考え方が含まれていて、面白い。

 

表現の技術―グッとくる映像にはルールがある

表現の技術―グッとくる映像にはルールがある